現場監督の仕事

現場監督

このページでは、土方の仕事の中で一番えらい現場監督の仕事を説明します。

建設業界に留まらず、請負工事を行う業界においては、必ず現場監督が必要になってきます。正式には現場代理人と称されていますが、建設業法でも、明確に規定されているのです。

現場監督に求められる要件は非常に幅広く責任範囲が広いとともに、工事現場における権限も強く契約者から権限移譲をされているのです。

現場監督の業務内容は、一言で例えるなら、つつがなく建設を遂行して工事を完了させることです。

そのためには、色々な側面からの管理が必要になってきます。

工事施工においては、施工管理の中で品質管理が求められます。

品質とは工事の質を高め、完成度の高い品質が必要です。

そのためには、工事部材の品質、製品の品質、そして、工事を行う建設作業員の品質までも止められることになってきます。

これらの要件を事細か見ていくと、部材や設置する製品の品質が高いということは、それだけコストがかかってくることを意味します。

反面、工事も限られた予算がありますので、許された予算範囲の中で、より高品質の部材なりを選択する必要もあるのです。

これが品質管理と切っても切れない関係にあるコスト管理です。

また、作業員の質についても、その工事に経験豊富な人材を選ぶことが必要になってきます。

併せて、作業員の健康管理にも配慮をしなければなりません。

生命に関わる重大事故を起こさないためにも、優秀な人材をお願いすると同時に現場での安全教育も並行して行わなければならないのです。

これらの諸条件を同時並行的に行いながら、トータル的に工程管理に結びつけていかなければなりません。

工事現場にも契約工期という締め切り期日があります。

安全に、そして効率的に施工管理を行いながら、作業現場を問題なく進めていくことが、現場監督の使命なのです。

絶大な権限を持っていない都、これだけの幅広い業務内容を進めていくことは到底なし得ることができません。

また、長年の経験を持った人材でないと、現場監督の仕事は勤まりません。

あまりにも専門的な経験と知識が求められるために、かなりのキャリアを積んてきた人だけが、現場監督としての仕事を全うすることができるのですが、一般的には副監督、

現場代理人として、現場監督を補佐する人がつくことがあります。

サブ的な立場ですが、その間に現場監督として、経験やノウハウを蓄積しながら、次の現場監督になれるように、会社側も人材育成、後継者育成にも余念がありません。

現場監督は、特殊な職種がゆえに会社側も重要なポストとして、重用していることが多いのです。

建築記録(2016)

建築のお話し